ルイボスティーのグレード

ルイボスティーは、ノンカフェインでミネラルも豊富に含まれるお茶。

最大の特徴は、SODが大量に含まれていること。
SODは、スーパー・オキサイド・ディスムターゼの略で、活性酸素を分解する酵素のこと。
緑茶が100とすると、ルイボスティーのSODは5000くらい。
ルイボスは、赤い藪という意味、南アフリカ共和国のケープタウン北側のセダルバーグ山脈に自生するマメ科の植物。
枝野先端部分を1番刈りしたのがスーパーグレード。
2番刈りしたのがチョイスグレード。
3番刈りはスタンダードグレード。
スタンダードには枝が含まれ、苦味があり品質が劣る。
ルイボスティーの等級は、南アフリカ共和国の農業賞の指導で定められる。
スーパーグレードは、SODが1g中に110,000ユニット以上になる。
スーパーグレードは、オーガニック栽培されたルイボスティーの全生産量の10%未満。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です