高級アルコール

高級アルコールは、分子の中に炭素を6個以上持ち、かつヒドロキシル基(-OH)をひとつ持っている(一価)アルコール のこと。
特にクリームや乳液には欠かせない原料。
天然油脂を原料とする脂肪アルコールと石油化合物を原料として合成された、合成アルコールの2種類がある。
エタノールやグリセリンは、低級アルコールと呼ばれる。
この低級アルコールは、親水性。
高級アルコールも親水性がないかというとそうでもなく、乳化剤をサポートする、乳化助剤として使われる。
脂肪アルコール
ラウリルアルコール(ヤシ油)、セタノール(セチルアルコールのこと)(マッコウクジラ油)、セテアリルアルコール(セトステアリルアルコールのこと)(マッコウクジラ油)、ステアリルアルコール(鯨ロウやマッコウクジラ油)、オレイルアルコール(マッコウクジラ油)、ベヘニルアルコール(ナタネ油)、ラノリンアルコール(ラノリン)
合成アルコール
ヘキシルデカノール、オクチルドデカノール、イソステアリルアルコール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です