石けんの製法

石けんは油とアルカリ性物質を反応させてできた界面活性剤の一種。

石けんを作るときの反応には、2つの方法があり、ひとつは、油脂とアルカリ性をかくはんしながら加熱してけん化反応を起こして作る方法です。

もう一つは、中和法といって、油脂を脂肪酸とグリセリンに分解し得た脂肪酸だけをアルカリと反応させる方法。

中和法は、最初から脂肪酸のみを使うため、不純物を取り除く必要がなく、脂肪酸の種類を選ぶことが出来るので、特徴を出しやすくすることができる。

石けんを成型する方法も2種類あり、一つは機械練法、もう一つは枠練り法という。

機械練法は、石けん素地を機械でチップ状などに祭壇してから乾燥、十分乾燥させたら、香料や色素などを加える。

ロールでよく混ぜて機械で棒状に押し出し切断してから型打ちする。

枠値違法は、石けん素地に香料や色素などを加えてから、枠の中に流し込み、長時間をかけて冷やし固める。

固まったら、自然乾燥させ、型打ちするかピアノ線で切断。

機械練法は、急速冷却、急速乾燥させるので作業を効率化でき、十分乾燥させることができるので、型崩れしにくい。

枠練り法は、水分を大含み、洗い上がりがしっとりとしているところが特徴、保存中に水分が失われるため変形しやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です