「色が白いね」と言われたら・・・

「色白いわね~」と誰かに言われたら、どう思いますか?

今どきなら、ほとんどの人は誉め言葉と受け取るのではないでしょうか?

私も、褒めてるんだろうなぁと思うと思います。

ところが、知人は、色が白いと言われて嫌味だと捉えたようです。

まぁ、嫌味というほどでもないんでしょうけど、たぶん、「白塗りしてる」って意味だと捉えたようです。

そうかなぁ?と思うんですが、

そう思った理由としては、今使っているファンデの色が、実はちょっと合っていないと思っているからのようなんですね。

同じメーカーのカウンターでも、美容部員さんによっては、違う色を選ぶ人もいるんですね。

私も、いつも使っているファンデーションでは、首の方が明るい、と言われて、一段明るめのファンデーションを買ったことがありましたが、ピンと来なくて結局使いませんでした。

そんな感じで、その知人も、今はいつもより明るめのファンデーションを、合わないかなぁと思いつつ使っていたようです。

ファンデーションは、今の流行としては、肌よりも少し明るめを選ぶみたいなんですね。

ですが、実際は、自分の肌よりも少しだけ暗いほうが肌がキレイに見えるそうです。

クマを隠す時は、肌よりワントーン暗い色を選ぶと隠せるというのを聞いたことがありますよね。

それと同じような感じだと思うんですね。

 

それと同じような感じなのか、私の肌色は、少しピンクがかっているんですが、自分の肌にピッタリの色合いよりも、少し黄味がかった色を使うと、肌がキレイに見えることもあります。

黄味によって、少し補正されて、肌がキレイに見えるのかなぁと思います。

そう考えてみると、ファンデーションの色選びって結構難しいなぁと思います。

 

知人の場合は、いつも使っている色を買いたかったみたいなんですが、美容部員さんは頑として動かなかったようです。

そういうのも、困りもんですよね。

やっぱり個人的な好みというのもありますし。

あきらかに、黒すぎるとか白すぎるのもどうかと思いますが、多少の違いなら、好みに合わせてあげればいいのに、とも思いました。

もし、知人に色が白いね・・・と言った人が、本当に褒めたんだったとしたら、ちょっともったいない話ですよね。